占い師の募集|資格とは?

専門学校で占いについて学ぶ

私は占い師の仕事にあこがれており、人の進路や悩みごとに関するアドバイスができるようになれれば天職がと感じていたので、占い師として働く決意をしました。
占いの分野では公的な資格や民間の資格制度などもないため、占い師であることを証明するには占いサービスを提供する会社に所属したり、プロの占い師の方に弟子入りする必要がありました。
占い師として活動するためには様々なルートがあります。中でも早めに独立するためには占いの専門学校に通うことが一番です。卒業後の仕事の斡旋もしてくれるため、プロとしていち早く仕事に就くことができます。
スクーリングで知識を深めたり、同じ志を持つ仲間と情報交換をしながら、アルバイトとして実績を積む機会を自主的に作るようにしていました。
占いに関する勉強と実務を平行して行っていたため、知識の定着も早く、占い師としての素養が身に付いてきたと実感することもできました。
今では専門学校を卒業し、電話占いやメール占いの募集に応募をして活動をしたり、寄るの駅前などでお店を出してフリーで活動する占い師として地道に励んでいます。
占い師として一人前になるために日々の努力を欠かさず努めたいと思っています。

 

占い師に資格はありません

仕事によっては資格が必要になる業種が多々ありますが、占い師になるために特別取得しなくてはいけない資格はありません。
占い師に必要なものは占いの技術だけです。技術を身に付けるには独学で学ぶほか、専門の学校に通ったり、プロの占い師に弟子入りをしたりします。独学の場合、実践の場では非常に苦労すると言われています。
占い師の募集を探しても経歴を求められる場合があり、経験の少ない独学の占い師では受からないようなこともあるそうです。
そこで、技を磨いたり感性を磨いたり話術を磨いたりと、資格並みにたくさんのことを覚える必要があるのです。占い師のアドバイスの中には人生経験の中から出る具体的なものもありますので、人生経験を積むのも大切なことです。
仕事として行う場合は、技術を身に付けたあとにたくさんの顧客を獲得するための顧客開拓を始めます。営業能力やコミュニケーション能力があれば顧客もすぐつくでしょう。
経験が少ない占い師は、たくさんの人に会って話を聞き、本や映画を見たりして世界観を広げ、人生経験の少なさを補うのが良いと思います。